MENU

Q&A(よくある質問)

Q&A

よくある質問

Q:ドックベストセメント治療とは?
歯をほとんど削ることなく銅イオンの効果で虫歯菌を殺菌する治療です。
ドックベストセメントは、半永久的に続く殺菌効果があるため、象牙細管に潜んでいる細菌を殺菌し、象牙質の再生を誘発します。
すべての虫歯に使える治療法ではありませんが、適切な処置をすることで、歯を大きく削らずに神経を残すことにつながるかもしれません。

ドックベストセメント治療は、どんな方にお勧めですか?
*できるだけ削りたくない人
*できるだけ神経を残したい方
*麻酔が苦手な方

ドックベストセメント治療のメリットは?
1、歯の内部から無菌化するので、治療後に詰め物の隙間からの2次虫歯を再発する可能性が低くなります。
2、虫歯をすべて削る必要がなく、神経を残すことが出来るので、歯の寿命を延ばすことができます。
3、ほとんどの場合痛みが少ないので、恐怖心が強い方や、麻酔の苦手な方にもオススメです。
4、1~2回の治療で洗浄から充填まで行えますので、従来の治療に比べ短期間で済みます。

ドックベストセメントの殺菌効果と安全性について
ドックベストセメントに含まれている銅イオンには、0-157やレジオネラ菌などの細菌に作用する殺菌効果が確認されています。
銅は、必須微量元素の一つで、身体の正常なだいしゃにとって必要な天然ミネラルです。天然ミネラルを主成分としているセメントですから、体に優しく副作用の心配のない安全な材料です。

ドックベストセメント治療の手順
1、金属など詰め物の除去
2、歯の表面を少し削り虫歯の範囲を明らかにする。
3、虫歯部分の清掃と洗浄。
4、ドックベストセメントを詰める。
5、硬い詰め物をドックベストセメントの上に充填、形態修正
もし、広い虫歯の場合は、型どり、あるいは、経過観察

ドックベストセメントの注意事項
すべての虫歯を治せるわけではありません。まずレントゲンなどの検査を行い、お口の状態と虫歯の進行状況を把握してからドックベストセメントによる治療ができるか判断します。
また、ドックベストセメントを使用した場合でも、残念ながら神経を取る処置に至ったケースもありますし、歯を全く削らずに治療する方法でもありません。

ズキズキと痛む虫歯の場合は、適当できません。
ごく小さな虫歯の場合は、この治療法は必要ありません。
基本的に麻酔せずに行いますが、場合により麻酔したほうが良いケースもあります。
ドックベストセメント治療は、健康保険の適用が認めれていないため、自由診療となります。